【必読】より安全な大会にするために

主催者、参加者が一丸となって安全な大会を目指しましょう

safety01過去第三回大会で、一般走行していたオートバイが参加者の自転車の車列に後方から接触するという大変残念な事故が起きてしまい、結果数名の怪我人が出てしまいました。
この事故は、公道を使用したサイクリングイベントの運営のあり方に大きな問題点をなげかけました。
どうすれば参加者の皆さんに安全に、そして安心して自転車を堪能してもらうのか。主催者は真摯にその問題に取り組まなくてはならないという責任を改めて認識することになったのです。
実行委員会では、こうした事故を分析し、回避するため昨年から様々な安全対策を施しています。


大会運営としての安全管理の充実

様々な検討の結果、今大会も下記の安全対策を中心に増強し、徹底します。

  • コース内安全管理警備員の増員配置
  • マップおよび交差点表示の充実
  • コース内巡回ライダーの充実
  • 他の交通への告知看板、横断幕の増設による告知啓発の徹底

まず、コース内の安全管理をさらに充実させるために、昨年同様大幅に警備員を増員し、さらに内容の濃い警備を行います。
危険箇所、主要交差点、エイドステーションの出入り口などに配置し、参加者の安全走行をサポートします。
次に、コース内巡回ライダーを配置し、万が一の不測の事態の発見、対応の強化を図るとともに、走行中の参加者への安全啓発(声がけなど)を積極的に行います。
そして一般の交通を利用されている方々にも告知物をできるだけ多く設置し、大会への注意と理解を促します。


サイクリスト側からできるロングライドイベントの安全対策「“早めの”気遣い」

実行委員会では、サイクリスト側からのアプローチを提案させていただきたいと思います。

それは「“早めの”気遣い」。
自転車を愛好している方には「他の交通へ気遣う精神」はかなり浸透していますが、そのニュアンスは意外にまちまちです。
例えば、車道の左端を走行中に後ろから来た車両に追い抜かれる場合、またはグループで一列走行時の対応など、それぞれの感覚ややり方に少しずつ違いが出てきます。
これが通常の個別サイクリングであれば問題もそれほど大きくないのですが、本大会のように1,000台に及ぶ自転車が、町中を走るイベントとなると少し状況が変わります。他の交通にとって自転車を追い抜きやすい状況や、追い抜きにくい状況など、それはその場所や状況によって様々です。
追い抜いても追い抜いても、次々に遭遇する自転車に対しドライバーの方々が「またか…」と思ってしまうこともあるでしょう。この状況がもしかしたらドライバーに対していたずらにイライラを募らせているとすれば、もしかしたらそれがひいては事故につながる可能性になるかもしれません。
そんなリスクを少しでも減らすためにサイクリスト側からもそうした不要のイライラを軽減するアプローチが必要では無いかと考えるわけです。
そこで、主催者から参加者のみなさんへ、可能な限り下記の行動をお願いしたいと思います。

  • 後続車が来た場合、速やかに追い抜かれるようにスピードを落としましょう
  • 抜かれる際に「安全に追い抜き有り難う」という感謝の意を込めてハンドサインなどで挨拶をするなどのコミュニケーションを積極的にとりましょう

上記二点を、通常の安全走行への取り組みに一手間加え、普段よりももう一歩踏み込んだ、「“早めの”気遣い」として、自分だけでなく、前方に走っている、次の参加者のために積極的に行うことを提案いたします。


参加費値上げに対してのお詫びとご理解へのお願い

こうした安全管理の徹底、および、地元負担軽減のため、今年の大会は、昨年よりロングライドなどのプログラムの参加費を見直し、若干の値上げに踏み切らせていただきました。できるだけ参加者の皆さんにご負担が少なくなる様に努力してきましたがなにとぞご理解とご容赦お願いいたします。

京都美山サイクルグリーンツアー実行委員会